いろいろなペットの情報発信基地 お役立ち情報満載です!!

ペットナビ

小動物・犬猫以外の哺乳類

ハリネズミはモグラに近い生き物:ブリーダーさんに相談しながらペットに迎えて「安心度」もアップ!

更新日:


背中にたくさんの針を持つハリネズミ

実際に目にすることは少ないので、どういう生き物なのかイマイチ分かりませんよね。


ハリネズミの飼育

そこでハリネズミの特性と飼育に必要な物をまとめてみました!

ハリネズミとは

ハリネズミとは、ハリネズミ目ハリネズミ科ハリネズミ亜科の哺乳動物です。

名前にネズミと付くものの、げっ歯類ではなくモグラに近い生き物となっています。

臆病人にも懐きにくいものの、良いブリーダーの元でハリネズミを購入できれば、飼主さんにも慣れやすく手に乗ってきてくれることもあります。

《ハリネズミの餌・フード》

飼育下のハリネズミには専用のハリネズミフード副食に生き餌のミルワームコオロギを与えます。

前述の通りハリネズミはモグラに近い生き物なので、野生下では無脊椎動物カエルトカゲヘビも食べます。

ここで引いてしまうようなら飼育も控えたほうが良いでしょう。

※ハリネズミのフードはドッグフードやキャットフードに代えても大丈夫です。

ハリネズミの価格

ハリネズミの飼育

ハリネズミの価格は15,000円~40,000円程とされています。

ハリネズミを扱っている店舗は少ないので「店舗」や「カラー」によっても価格は変動します。

スタンダードのソルトアンドペッパー系がお手頃で、シナモン、ピント・ホワイト系とレアカラーになると価格は跳ね上がります。

外国産の方が安く手に入りますが、育成環境の不安定さ輸入時のダメージ・ストレス病気・怪我の可能性を考えると国内産の個体の方が安心です。

そんなハリネズミの寿命は5年~10年とされていますが、飼育方法が悪かったり、不慮の病気を患うと3年未満で亡くなることもあります。

ハリネズミ「飼育で必要な物」

ハリネズミの飼育に必要な物には「ケージ、回し車、小屋、床材、エサ、給水ボトル・餌皿」等があります。

初期費用は15,000円程で、毎月の維持費には床材(1,000円)・餌(1,500円)程度かかります。

温度管理では、ヒーターサーモスタット計8,000円程)を購入しておくと便利です。

ハリネズミ「単独飼育」

ハリネズミの飼育

ハリネズミは単独で生活する生き物です。

ペットに迎える時には1つのケージに1匹のハリネズミを飼育。

繁殖時には一緒に飼育することも可能ですが、繁殖が終わったら単独飼育に戻した方が無難です。

多頭飼育では喧嘩や怪我、ストレスで体調を崩すことも考えられます。

ハリネズミの活動時間

ハリネズミは夜行性です。

活発になる時間帯は午後9時~0時午前3時頃とされています。
そのため昼間はきちんと睡眠を摂らせてあげましょう。

スポンサードリンク

飼育下のハリネズミには、冬眠(夏眠)をすることで身体に大きな負担がかかるので絶対させないようにします。

部屋には温度計エアコン等を設置して温度管理を徹底し、20℃以下(厳密には18℃以下)29.5度以上にならないようにコントロールしましょう!

※ハリネズミの食事量が減ったり、行動が鈍くなってくると冬眠(夏眠)に入る危険性があるので気を付けましょう。

ハリネズミ「針の役わり」

ハリネズミといえば、体に付いたたくさんのが特徴的ですよね。

ハリネズミの身体にある針の数はおよそ6~7000本とされています。

普段は抱っこできるほど大人しいハリネズミですが、驚かせるようなことをすると針をピンと張って身を守ろうとします。

あとハリネズミの針は「身を守る」他にも、高いところから落ちても怪我をしないようにするクッションの役割も果たしています。

海外では、移動中の導線から落ちてきたハリネズミの針で大怪我をした人もいるようです。

ハリネズミは高いところに連れて行かないようにしましょう。抱っこの際も低い位置で可愛がって、ハリネズミを怖がらせないようにしましょう。

ハリネズミの鳴き声

ハリネズミの飼育

ハリネズミの鳴き声はピーピーと鳴きます。

個人的には鳥に近い鳴き声だと思いました。

そんなハリネズミの鳴き声は、子ハリネズミが母ハリネズミを呼ぶときや、繁殖時にはオスのハリネズミがメスの気を引こうとするときによく聞くことができます。

ハリネズミは好奇心旺盛活発な子もいて、食べ物を探すときには鼻をフンフン鳴らすこともあります。

《普段は鳴かないペット》

ハリネズミは普段は鳴かない生き物です。

そのため、飼育する環境が整えばアパートで飼育することもできます。

ハリネズミのコミュニケーションの手段では、40~90kHz人間が聞き取れない音を出しているので近隣の迷惑にもなりません。

警戒威嚇をするときも、鼻孔から息をシュッシュップシュープシューシューシューと吐く程度のものとなっています。

ハリネズミ「鳴き声と攻撃」

ハリネズミの警戒と威嚇では、プシュープシューと息を吐く他、針を立てて身体を丸めて身を守ることがあります。

※場合によっては、丸まったまま跳ねて威嚇することもあります。

この時はハリネズミは敏感になっているので触ることも控えましょう。

少し驚いたり警戒する時にはおでこの針を突きだして頭突きしてくることもあります。

何か気になることがあり、ハリネズミに触らなければならないときには専用の手袋を付けて針に気を付けながら優しく扱いましょう。

ハリネズミの警戒・威嚇はストレスを溜めている状態なので速やかにケージに戻してあげましょう。

ハリネズミの泡つけ(アンティング・香油塗り)

ハリネズミの飼育

ハリネズミの飼育では、泡付け(アンティング・香油塗り・唾液塗り)というものがあります。

ハリネズミは新しい臭いに敏感なので、舐めたり齧ってみたり、長い舌で泡状の唾液とからめて背中わき腹の針に塗ります。

体をねじって奇妙な態勢で塗りたくり、周囲の匂いと同化させて匂いへの適応外敵から自分の匂いを隠すと考えられています。

ハリネズミ「緑色のうんち」

ハリネズミは普段は茶色のうんちをしますが、ときどき緑色のうんちを出します。

お家に迎えてから3日~5日は緑色のうんちを出すことがあるでしょう。環境に慣れたら茶色のうんちをするようになります。

※野菜をよく与えている場合は緑色のうんちが出ます。

普段から元気食欲もあり、たまに緑色のうんちを出すようなら問題はありません。

しかし、緑色のうんちをよくするようになったら健康上の問題を抱えている可能性があります。

ストレス内部寄生虫・細菌感染、古くなった餌を与えることで起こる食中毒等を疑いましょう。

このときは早めに(ハリネズミ対応可能な)動物病院で診てもらいましょう。※お近くのハリネズミ対応可の動物病院を探しておくと、いざというときに慌てずに済みます。

まとめ

ハリネズミは、ネズミ・ハムスターとも異なる育て方で飼育する必要があることが分かりました。

初めは慣れないことだらけで不安になると思いますが、そんなときにも頼りになるブリーダーさんやペットショップのスタッフ、動物病院でも相談できれば鬼に金棒

ハリネズミを飼育するときには習性・特性を理解して、ハリネズミの飼育に慣れている人のアドバイスも聞きながら育てられると良いでしょう。


このサイトの人気記事

マイクロブタ飼いたい 1

マイクロブタの飼いたい、ブリーダーから飼う!ぺットショップで買う!里親になる! マイクロブタを飼いたい方が増えていますね。 飼いたいけれど、どんな風に飼ったらいいの?気を付けることは? そもそもどこに ...

マルプーの飼育 2

まるでぬいぐるみのような可愛さのマルプー。 「マルチーズ」と「トイプードル」のミックス犬で独特のフワフワ被毛が特徴的! 出典:prcm.jp マルプーは、どのように飼育すると良いのでしょう。 ドッグフ ...

3

目次ピグミーオポッサムの特徴や飼い方ピグミーオポッサムの特徴ピグミーオポッサムの飼い方ピグミーオポッサムの購入方法ピグミーオポッサムの巣の準備ピグミーオポッサムの食事と水ピグミーオポッサムのトイレや巣 ...

ポメチワの飼育 4

まん丸お目めに立ち耳、鮮やかな被毛で人気のポメチワ。 ポメチワとは、ポメラニアンとチワワのミックスです。 ドッグフード最新記事を更新しました! ポメチワにおすすめのドッグフード(穀物・添加物使っていな ...

5

コーギーとは手足が短く、お顔は整った顔立ちをしている犬種です。 そのままでも可愛いコーギーですが、お相手によって新たな表情も見せてくれました。 目次コーギーとのミックス犬トイ・プードルとのMIXがトイ ...

コーギーの鼠径ヘルニア 6

後ろ足の根元がふくれる鼠経(そけい)ヘルニア。 鼠径(そけい)ヘルニアとは、コーギーもかかる可能性がある病気です。 出典:amanaimages.com 鼠径ヘルニアとは、どのような病気なのでしょう。 ...

ペットの止血「クイックストップ」 7

ペットの止血剤は「クイックストップ」が有名です。 犬・猫用ですが幅広いペットに使用されています。 出典:amazon.co.jp 目次ペットの爪切り「出血」ペットの止血「ギンボーン社のクイックストップ ...

幸運をもたらすサビ猫 8

サビのような被毛カラーで、幸福をもたらすとも言われているサビ猫。 サビ猫は幸運のねこなのです 名前で小汚いイメージを持つ方もいるかもしれませんが、最近は個性的な色合いに魅せられる人が続出! たまにサビ ...

-小動物・犬猫以外の哺乳類

Copyright© ペットナビ , 2018 All Rights Reserved.